翡翠のお手入れポイント

パワーストーンとしての役割

パワーストーンとしての役割

パワーストーンとしての役割 翡翠の正式名称は翡翠輝石で淡い緑色をしたものが広く知られていますが、他にも白や赤、紫の石もあり様々です。
この石は日本や中国など東洋で馴染み深く、縄文時代の遺跡からは翡翠の勾玉も発見されています。なぜそうなったのかについては様々な説がありますが、鳥のカワセミがこの石の名前の由来です。日本では古くから新しく生まれたばかりでみずみずしいものを『緑』と表現することがあり、美しく光沢のある女性の黒髪のことを翡翠と表現することもあります。現在の主な産地はミャンマーやロシア、アメリカなどですが、日本国内では新潟県の糸魚川市で多く産出され観光地としても人気です。
パワーストーンの役割は人徳を授ける、心を安定させてくれる、ネガティブなエネルギーから身を守るなどです。東洋で広く親しまれている一方で、中南米やスペインでも奇跡の石と呼ばれ、お守りとして珍重されてきたという歴史もあります。この石は緑が青々と芽吹く季節を思わせる、5月の誕生石です。

翡翠のアクセサリーを綺麗な状態に保つには?

翡翠のアクセサリーを綺麗な状態に保つには? 翡翠を使ったイヤリングやネックレス等アクセサリーを持っている人もいるのではないでしょうか。翡翠は比較的丈夫なアクセサリーなので長持ちしますが、綺麗な状態を保つにはきちんとお手入れするのがおすすめです。柔らかい布を使って軽く拭くだけでも、綺麗な状態を維持することができます。
中性洗剤などで洗っても大丈夫ですが、翡翠の表面は傷つきやすいので慎重に洗う必要があります。超音波洗浄などは表面に傷がついてしまうので、控える方が良いでしょう。中性洗剤を使用する場合にはお湯に少し入れて、アクセサリーを浸しておくだけでも汚れが落ちやすくなります。それから保管する際には、乾燥しすぎないように注意しましょう。長い間しまいっぱなしにしているのはおすすめできません。翡翠は強い衝撃を受けると、ひび割れてしまうことがあります。アクセサリーを床に落としてしまったり、ぶつけたりすると割れることがあるので注意するようにしましょう。

Copyright © 2018 翡翠のお手入れポイント All Rights Reserved.